院長・スタッフブログ

2018.08.31更新

8月も今日で終わり。

平成最後の夏が終わります。

とはいっても、まだまだ暑い日が続いてますが…

朝晩はだいぶ涼しくなって過ごしやすくなりましたよね。

こういう時期は夏の疲れが出るのでご注意ください。

 

さて、例年9月に入るとインフルエンザワクチンの予約を取るのですが、

今年はまだワクチンの入荷予定がたっていません。

10月から接種開始できるかも未定の状況です。、

予約開始時期は決定次第ホームページやブログでお伝えしますので、暫しお待ちください。

 

台風も週明けには日本列島に近づくようですので、台風の進路にあたる所の方々は充分注意してください。

 

 

 

投稿者: ながえクリニック

2018.08.21更新

こんにちはnico
お盆休みはどうでしたか?
心身共にゆっくりと休めたでしょうか?

私も祖母の家に行って家族、親戚と
集まりお寿司を食べてきましたmeal
そこで見た高校野球の試合が接戦すぎて
みんなテレビに釘付けでした(笑)
延長まで持ち越してさよならホームラン…
各回一瞬たりとも見逃せない戦いでしたabon
普段スポーツ番組あまり見る方では
ないのですが、こういう頑張ってる人達の
試合等見るのは楽しいものですねnico
特に甲子園を見てて、勝敗がどちらに決まろうと
本人達にもその後輩達にもこれから先も
強く心に残る物があるんじゃないかと
感じました。

今度はスポーツ観戦実際に
観に行ってみようと思いますhandlight bulb

甲子園の決勝戦、頑張って欲しいですねnyanleaf

事務員 Y.I

 

 

投稿者: ながえクリニック

2018.08.19更新

8月半ばまだ暑さの残る日が続き、

不規則な動きで予測できない台風

また次々と発生している台風にも

悩まされる日が続きますね…(~_~;)

 

お休み中は如何お過ごしでしたか

夏祭りや打ち上げ花火に賑わう中

楽しい日々はあっという間ですね

一気に疲れが襲う…なんてことも

これから温度変化にも注意ですね

 

秋に向けて元気に過ごしましょう

事務:C.H

投稿者: ながえクリニック

2018.08.12更新

休日2日目の今日

久留米の方までドライブcar

道の駅久留米・水天宮へ行き

満喫してきました。

水天宮では、御朱印をいただいてきました。

御朱印

まだまだ、暑い日が続きますが

皆さん熱中症には気をつけて下さい。

事務:R.N

投稿者: ながえクリニック

2018.08.05更新

食道炎の中でも最も患者さんの数が多い逆流性食道炎について詳しく紹介したいと思います。

 

●逆流性食道炎はこんな病気

逆流性食道炎は逆流した胃酸が食道の粘膜を傷つけて炎症が起きる病気です。
通常、口から食べた食物は食道から胃に向かって一方通行で降りていきます。なぜ逆流しないかというと、食道と胃の間に逆流を防ぐ下部食道括約筋という筋肉があるためです。

 

胃では、食べ物を消化するために、酸性度の高い胃酸と消化酵素が含まれた胃液が分泌されています。何かしらの理由で下部食道括約筋の働きが弱くなってしまうと、この胃液が逆流してしまい食道を痛めてしまうのです。
食道は胃酸から粘膜を守る機能がありませんので、炎症を起こし、ただれや潰瘍が発生してしまうようになります。

 

●症状は?

こんな症状が複数あったら逆流性食道炎を疑ってください。


・胸やけがする
・胸が重い、苦しい
・喉に違和感がある
・酸っぱい味がこみ上げてくる
・咳が頻繁にでる
・ゲップが頻繁にでる

 

●治療方法は?

治療方法は薬による治療と手術による治療が主になります。
薬は胃液の量を減らしたり、胃酸の酸性度を減らす薬などがあります。こうした薬で症状を和らげながら、生活習慣を改善していくことで治療していく方法です。
上記の方法でも改善しない重度の場合は、手術によって逆流防止機構の修復を行うことになります。

 

●予防方法は?

生活習慣を見直すことで、逆流性食道炎になるリスクを軽減できます。
以下のようなことに注意して生活を見直してみましょう。

 

・脂肪分やタンパク質を過度に摂りすぎない
・カフェインを含むコーヒーや緑茶、アルコールを飲みすぎない
・唐辛子や胡椒などの香辛料を摂りすぎない
・甘いものを摂りすぎない
・前かがみの姿勢を長時間しない
・ベルトなどでお腹を締めすぎない
・食後すぐに横にならない

 

なんにしても「摂りすぎ」や「偏り」は胃へ負担をかけるため良くありません。
ご自分の体に配慮した生活を心がけましょう。

投稿者: ながえクリニック

2018.08.05更新

胃の内視鏡検査で見つけることができる病気の一つに食道炎があります。食道炎は食道の粘膜に炎症が起きる病気ですが、具体的にどのような病気なのでしょうか?
また、原因や症状などを紹介したいと思います。

 

●食道炎はこんな病気

食道炎は食道の粘膜が炎症を起こして、潰瘍などが発生する状態です。
この食道炎の中で、もっとも患者さんが多いのが、「逆流性食道炎」です。お聞きになったことがある方も多いのではないでしょうか?
これは、胃酸を含む胃の内容物が食道内に逆流することで食道の粘膜を傷つける病気です。

 

その他に、カビによる食道カンジダ症、ウイルスによるヘルペス食道炎、医薬品の影響による薬剤性食道炎などいくつかの種類があります。

 

●症状は?

初期の症状としては、胸やけやもたれた感じなどの不快感があるのが一般的です。
症状が進行すると、飲み込んだ時のしみる感覚や胸の痛みが起こり、重症の場合は吐血することもあります。
症状が出て辛い思いをしてからの治療ではなく、定期的な検査でチェックすることが望ましいと考えています。

 

●原因は?

先ほどご紹介した逆流性食道炎の場合は、胃液の逆流を防ぐ下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)の働きが弱くなることが原因です。これにより、胃酸・胆汁・膵液が食道に逆流してしまうことになります。
その他、カビやウイルスや原因になっていたり、免疫力の低下が原因になる場合もあります。

 

●胃の内視鏡検査で早期発見を

内視鏡検査では、主に以下の項目をチェックします。
・食道粘膜の色の変化
・潰瘍などの有無
・粘膜の肥厚や隆起

 

レントゲンなどと違い、患部を直接見ることができるため、小さな異常でも早期に発見することができる点が利点になります。
気になる点がありましたら、クリニックにお問い合わせください。

投稿者: ながえクリニック

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

  • 太宰府市国分の内科・消化器科 ながえクリニック 消化器科 肛門科 内科 外科 乳腺甲状腺科 リハビリテーション科
  • お電話でのお問い合わせはこちら 092-406-1172
  • メールでのご連絡はこちら お問い合わせ
  • 太宰府市国分の内科・消化器科 ながえクリニック 消化器科 肛門科 内科 外科 乳腺甲状腺科 リハビリテーション科
  • sp_inq_tel.png
  • メールでのご連絡はこちら お問い合わせ