院長・スタッフブログ

2019.03.18更新

まだ寒さはありますが春の陽気

蕾も膨らみだした頃でしょうか

見頃には花見で賑わいますね

 

一足先に?これは桜ですかね?

さくら

花の種類は分かりませんが

周りには蜂も飛んでました

さくら

近所の桜はまだまだでしたが、

さくらですね?結構咲いてます

 

様々な花で色鮮やかなこの季節

菜の花の黄色に紫木蓮の赤と白

チューリップやつくしにスイセン

 

花粉の多い今期、花粉症でなくとも

鼻がムズムズする気はしますが…

花を見に散歩など如何でしょうか。

事務:C.H

投稿者: ながえクリニック

2019.03.11更新

 

3月8日(金)は、中学校の卒業式でした。

我が家の長女も無事卒業㊗️

義務教育も終わり、4月から高校生となります。

あっという間の15年!感慨深いです。

長女は、友人にも恵まれ先生方にも恵まれ

本当に楽しい中学3年間を過ごせたと思います。

私も楽しく保護者として過ごせました。

卒業

 

投稿者: ながえクリニック

2019.03.05更新

とうとう3月に突入してしまいましたね(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
まだまだ外は寒いようですが。
寒い時期といえば空気がスーッとしてるのか星も綺麗に見えてしまいます!!この話に持っていくという事は皆さんに見せたい写真があるんです!!それがこちら⬇︎⬇︎⬇︎

星空
ぜひ暗めの場所で画面を最大限に明るくして見てみてください☆☆彡冬のオリオン座もしっかり写り込んでくれてます★☆★
一眼レフでも無いのに携帯カメラにはっきりと映るとは思っていませんでした!!ここは阿蘇の大観峰です!!暗かったため奥の方には行けませんでしたが、駐車場があったのでそこに止めて、ずーっと上を見てました!!永遠と見れます!!全く飽きないです!星を数えるどころか絶対数えきれない程です感動しました。標高が高い分星たくさん見えますが、気温はグンっと下がります。もし行かれる方はバッチリ着込むことをオススメします(^人^)
ブログ更新している間10回ほどくしゃみ連発しました(^^;)普段は大体2回でおさまるのですが。花粉症ではないと思います。花粉症は今までなった事ないのにって方でも急に起こりうる事もあるようです。予防も必要ですね!!家に入る前に洋服パタパタするだけでも少しは落ちるみたいですよ!!皆さんぜひ(*^^*)
長々とすみません(^^;)気づいたら文章に夢中で、、(笑
いつも見ていただきありがとうございます(๑・̑◡・̑๑)
事務員:K.M

投稿者: ながえクリニック

2019.03.02更新

前回ご紹介した胆石症について、今回は普段の生活で気をつけるべき食事との関係についてご紹介します。
成人の10人に一人が体内に保有しているといわれる胆石。
胆石を予防または進行させないようにするには、普段の食事内容がとても大切です。
脂肪分の高い食事は良くなさそうなイメージはあると思いますが、アルコールや塩分はどうなのか?また、その他食事で注意するべき点をお伝えします。


●胆石の主な原因はコレステロール
前回の内容で胆石は「コレステロール結石」「ビリルビン結石」「黒色石」の3種類に大別できるとご紹介しました。胆石の主な原因はコレステロールです。
では、コレステロールを過剰に増やさないためにはどのような食事の注意をすれば良いのでしょうか?


●コレステロールとは?
まずコレステロールについてですが、「細胞の膜」を生成する要素であり、ビタミンDの合成を助けるなどの役割をします。すべてが悪いものという訳ではなく、本来身体には欠かせない脂質のことなのです。
このコレステロールには種類があり、LDLコレステロール(悪玉)とHDLコレステロール(善玉)があります。

 

・LDLコレステロール(悪玉)の働き
  肝臓で合成されたコレステロールを血流にのって全身に運ぶ役割

・HDLコレステロール(善玉)の働き
  身体に余分なコレステロールを回収し肝臓に戻す役割


●アルコールとコレステロール
適量(少量)のアルコール摂取は、善玉コレステロールを増やす作用があると考えられています。ここでいう適量というのは、ビールでは1日中瓶1本、日本酒なら1合、ウイスキーはダブルで1杯程度です。
しかしながら、アルコールを飲み過ぎてしまうと中性脂肪の合成を促進させてしまいます。そうなると脂質異常症の原因になったり、LDLコレステロールの小型化を招いたりと、体に良くない作用が起こります。


●塩分とコレステロール
塩分の摂り過ぎが体中のコレステロール値を上げるという医学的な見解はありません。
しかしながら、高血圧であったりと違う病気の原因になりますので、控えめにしたほうが宜しいかと思います。


胆石症を予防、進行させないようにするためには、規則正しい生活習慣と食事内容が大切になります。胆石症についてご不安なことがある方はお気軽に当院にご相談ください。

投稿者: ながえクリニック

2019.03.02更新

今回は胆石症についてご紹介したいと思います。胆石という言葉は聞き慣れている方もいらっしゃるかもしれませんが、胆石症とはどんな病気なのでしょうか?
現代では、中高年者では10人に一人は胆石を保有しているというデータがあります。
なぜ胆石症になるのか?どういった症状がでるのか?などについて紹介したいと思います。


●胆石症とは
人は食事で摂取した脂肪やビタミンの消化・吸収を助けるために、肝臓で「胆汁(たんじゅう)」という消化液を作る機能を持っています。胆汁は黄褐色をしています。
この胆汁が通る道を胆道(たんどう)といいますが、この胆道に結石という石ができる病気を胆石症と言います。この胆道は肝内胆管(かんないたんかん)、肝外胆管(かんがいたんかん)、胆嚢(たんのう)という3種類に分けられます。どこに結石ができるかによって、肝内結石、胆管結石(肝外胆管にできた結石)、胆嚢結石と名称が変わります。

胆石症は、性別では男性よりも女性の方が多い傾向にあります。
また、胆嚢結石は胆石症の約80%と最も多く、胆管結石は約20%、肝内結石は約2%といわれています。


●胆石ができる原因
結石はコレステロ-ルを主成分とする「コレステロ-ル結石」、胆汁色素のビリルビンを主成分とする「ビリルビン結石」、「黒色石」に大別されます。
この中でもコレステロール結石の割合が7割~8割を占めています。
それぞれの結石によって原因が異なります。

 

・コレステロール結石
コレステロールが胆汁の中で結晶化した結石です。
本来は胆汁に含まれる胆汁酸の働きによって、コレステロールは胆汁内に溶けるため結晶化することはありません。しかしながら、「非常に高い脂肪の食事の摂取」「肥満」「高脂血症」「糖尿病」「妊娠」といった理由でコレステロールの量が著しく増加するとコレステロールの一部が溶けることができず結晶化してしまうのです。


・ビリルビン結石
「ビリルビン」は胆汁の色素成分です。もともとビリルビンは水溶性の成分なので結石になることはありませんが、加齢などが原因となり胆汁内に細菌が入ります。この細菌の酵素により成分が変化し、これにカルシウムが結合することで結石化します。また、胆汁がよどんでいると結石の生成を促進してしまうことになります。

 

・黒色石
先ほど紹介したビリルビンが過剰に増えたり、胆汁酸の濃度が下がったりするとビリルビンがカルシウムや銅などの金属元素と結合して複合体を作り、それが固まり黒色石となります。


●症状
胆石症になると以下のような症状が見られます。

 

・肝内結石
発熱や腹痛がよくみられます。肝内結石になると結石により胆汁の流れが妨げられて胆管が炎症・感染を起こしやすくなります。

 

・胆管結石
発熱や腹痛(特にみぞおち)がよくみられます。また、尿の色がまるでウーロン茶のように茶色くなることもあります。

 

・胆嚢結石
無症状の人が多いのが特徴です。症状がでる場合は、上腹部の違和感や腹部膨満感などがでます。また、胆石疝痛(せんつう)と呼ばれる特徴的な腹痛を伴うことがあります。
これは脂肪分の多い食事をしたあとの上腹部の周期的な痛みで、背中や右肩のコリや痛みを伴うことがあります。


少しでもこのような症状に心当たりのある方は、お早めにご相談ください。

投稿者: ながえクリニック

2019.02.21更新

に自分がかかってしまいました…!!

感染は避けたい…と言っておきながら

お恥ずかしい話ですが…つらかった…

ほぼ1週間もお休みさせていただき、

自宅で安静にして、無事完治しました

が!その後母にも感染…:;(∩´﹏`∩);:

ともに気をつけてはいたのですが…?

自分と同じ様にしんどい思いをさせて

しまって申し訳なさでいっぱいです…

 

だんだん下火になってきたとはいえ、

可能性はまだまだありますゆえ…

くれぐれもお気を付け下さい。

事務:C.H

投稿者: ながえクリニック

2019.02.21更新

2月もあっという間でしたね…abon
少しずつインフルエンザも少なくなってきてはいますが、

油断大敵です。

これからはインフルエンザBも流行り始めるでしょうから

十分お気をつけ下さい。

今年もなんとかインフルエンザ
かからずに済みそうですehe

だいぶ気温も暖かくなってきて、
最近では春の風を感じる時もありました。
花粉症の方はお辛いでしょうが、
今では鼻の粘膜を焼いたりすると何年か持つようなものも

あるみたいですので、本当にお辛い方は検討されても
いいかもしれません…
今年は昨年より更に花粉の量が
多いみたいですので、マスクを着用し、
なるべく家に花粉を入れないように
心掛けましょう。

事務員:Y.I

投稿者: ながえクリニック

2019.02.17更新

梅の花がチラチラと咲き始めてました*
ここは久留米の梅林寺です。
みなさん本格的な一眼レフで撮っている中私は携帯のカメラでカシャカシャいわせてました(^^;;私もカメラマンのように撮った写真を2枚、どうぞ↓↓↓(ᵔᴥᵔ)

梅

2枚目はこちら。↓↓↓

水が今にも流れる音を鳴らしながら流れそうですね!

梅の花

満開にはまだまだ時間がかかりそうでしたがいろんな色の花が見れました。うぐいすも飛んでました!
お花いっぱいの春ですが花粉症で悩んでる方多いようです。マスクなどで対策されてください。
目のかゆみがひどい時には冷えたタオルを目に置いておくと軽減出来るようですよ!!!
事務員:K.M

投稿者: ながえクリニック

2019.02.05更新

昨日は立春でした。

近所の公園や実家の梅の花が開花しています。

春が近づいているんだなぁと感じながら

観ています。

とはいえ、まだ寒暖の差がありますので

皆さん、体調管理には十分気をつけて下さいね。

今年はインフルエンザの流行が猛威をふるってます。

こんなに流行すると思いませんでしたが

感染しないように気をつけなければと思う次第です。

 

事務:R.N

投稿者: ながえクリニック

2019.02.01更新

年を越し1カ月。今日から2月ですね❄︎
どうしても今年一年良い年にしたくておみくじ何回引いても大吉でらず苦戦してました。
ちなみに恋みくじも2回ほどすでに引いています!
欲張りさが見えてしまってますね(^^;;

ところで私は1月14日成人式を迎えました*
人生の大きな節目で大人になるということ、改めて実感しています。
自分の好きな晴れ着を着せてもらい今まで好きな事を好きなだけさせてもらった20年間、両親には感謝でいっぱいです。
ちなみに写真の左側が私です!!
顔はカエルになっちゃってますが...(^^;;
こんな振袖を身にまとって歩くことが普段ないので特別感満載の一日になりました。

成人式


さてインフルエンザの流行りは落ち着いて来ましたが、まだインフルエンザにかかる方はいらっしゃいます。予防接種したからといい感染しないとは限りません。まだまだ寒さは続きますので外に出たときは必ず手洗いうがいで予防しましょう!

事務員K.M

投稿者: ながえクリニック

前へ 前へ

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

  • 太宰府市国分の内科・消化器科 ながえクリニック 消化器科 肛門科 内科 外科 乳腺甲状腺科 リハビリテーション科
  • お電話でのお問い合わせはこちら 092-406-1172
  • メールでのご連絡はこちら お問い合わせ
  • 太宰府市国分の内科・消化器科 ながえクリニック 消化器科 肛門科 内科 外科 乳腺甲状腺科 リハビリテーション科
  • sp_inq_tel.png
  • メールでのご連絡はこちら お問い合わせ